理想の我が家を手に入れる!八王子で注文住宅を建てるガイド

八王子で注文住宅を建てるならまずはここをチェック!地域密着型の工務店ガイド

サイトマップ
あなたのこだわりポイントはどこ?注文住宅が建てられる八王子の工務店4選
ローコスト&高性能住宅石田工務店
天然の木のぬくもりで、快適に長く暮らせる高性能住宅を、1,000万円台のローコストで。
石田工務店画像
災害に強い家を自然素材で建てるコグマホーム
地域に密着した工務店として、家の引渡しが終わった後も手厚いアフターフォローを提供。
コグマホーム
土地探しからスピーディーに対応可能エンラージ
2010年の設立以来、地域のお客様が快適に過ごせる家づくりを行っています。
エンラージ
八王子で注文住宅を建てるガイド » 建設会社の選び方は?注文住宅を建てる前に知っておきたいこと » 高性能住宅とは?メリット・デメリットについて解説

高性能住宅とは?メリット・デメリットについて解説

八王子に高性能住宅を建てて住んでみたい!という方に向けて、高性能住宅の特徴やメリット・デメリット、利用可能な補助金などについて紹介しています。

高性能住宅とは?

省エネ住宅とZEHの違い

省エネ住宅は「建築物省エネ法」に基づいた住宅のことです。しかし、建設する場所・日照条件などの要素によって省エネに関する基準が変わるので、中には省エネ住宅の機能を備えていなくても省エネ住宅として施工される場合もあります。

ZEHは省エネ住宅の1つですが、エネルギー消費をただ抑えるのではありません。太陽光発電をはじめとした機器で、消費するエネルギー以上のエネルギーを作り出し、プラスマイナスゼロになる住宅というのが大きな特徴です。

高性能住宅の基準は明確にない

高性能住宅には明確な基準・定義はありません。そのため、何かの基準をクリアしているわけではなく、断熱性や気密性・省エネ性などの性能の優れた住宅を示す言葉として使用されています。

住宅の内部から屋根や外壁といった外皮部分を通って外へ逃げる熱量を、外壁全体からみた平均の「Ua値(外皮平均熱貫流率)」、住宅の隙間を示した数値の「C値(相当隙間面積)」などの数値をもとに性能を確認できます。

高性能住宅の指標とは?

住宅性能を比較するための基準として挙げられることの多い「Ua値/C値/Q値/ηA値」についてまとめました。

4つの指標を用いることによって住宅性能の比較ができます。

Ua値

Ua値は「外皮平均熱貫流率」と呼ばれる、断熱性能の高さを比較できる指標です。Ua値自体は、建物の内部から外部へ逃げる熱量を外皮全体で平均した値ですが、この値が小さいほど断熱性能が高い家ということになります。

C値

C値は「相当すき間面積」と呼ばれる住宅性能を示す指標の一つです。1平方メートルあたりの「すき間の面積」を計算した値であり、この数値が低いほど気密性の高い家ということになります。

Q値

Q値は「熱損失係数」と呼ばれる家の断熱性を比較できる指標です。建物内部の熱が外部へ逃げていく熱量を計算した数値であり、Q値が小さいほど「熱が逃げづらい家」、断熱性が高い家ということになります。

ηA値

ηA値は「平均日射熱取得率」と呼ばれる、日射熱による影響の度合いを示す指標です。室内への日射量を外皮等面積で割ることによって求まります。この数値が小さいほど日射熱による影響度合いが小さくなり、断熱性やエアコン効率が高いことを示します。

高性能住宅のメリット

一年中快適に過ごせる

高性能住宅の多くは「高気密・高断熱」性能を備えており、内部の空気が外へ逃げにくい一方、夏の暑さや冬の寒さの影響を受けることが少なく、エアコンを効率よくまわすことで、「夏は涼しく・冬は暖かく」一年中快適に過ごすことができます。

ヒートショック対策ができる

高性能住宅はヒートショック対策にも有効です。ヒートショックは激しい温度差によって心臓や脳に負担がかかる健康被害ですが、室内の温度差が少ない高性能住宅ではその発生リスクを下げることができます。

外気の影響を受けにくい

高性能住宅は断熱性や気密性に優れた住宅なので、外気温の影響を受けて部屋ごとの温度の差を抑えられます。温度差や寒さによって引き起こされるヒートショックをはじめとした健康への影響を抑えられ、冬は住宅内を効率よく暖かくできます。

光熱費を抑えられる

高気密・高断熱を備える高性能住宅では、夏の暑さや冬の寒さなど外気の影響を受けにくいのが特徴です。そのため、エアコンの運転時間やパワーを抑えることができ、電気代などの光熱費を節約することができます。

高性能住宅は断熱性が高い住宅のため、外気の影響を受けにくいのも魅力のひとつ。エネルギー消費を抑え、効率よく住宅内を快適な温度にできます。エアコンをはじめとした空調機器を使用し、発生する光熱費を抑えることが可能です。

太陽光発電を導入していれば、住宅で作り出した電力を電力会社に買い取ってもらえ、光熱費がプラスマイナスゼロになるケースも。売却した額が光熱費よりも多くなると黒字が出る可能性もあります。

高性能住宅のデメリット

熱がこもりやすい

高性能住宅は高断熱・高気密の性能を持っていますが、熱がこもりやすく暑くなりやすいのがデメリットとしてあげられます。

日差しを避けるためのシェード使用や、窓をこまめにあけて風通しを良くするといった工夫をしましょう。エアコンを活用するのもおすすめです。

湿気がこもりやすい

高い気密性を備える高性能住宅では、室内に熱気を閉じ込められる一方、梅雨の時期は湿気がこもりやすくなり、カビやダニ、結露が発生しやすくなります。そのため十分な換気が行われる環境を整備するなどの湿気対策が必要です。

初期費用が高い

高気密・高断熱を備える高性能住宅を建てるためには、用意周到な計画と綿密な設計、高い施工技術が求められます。一般的な住宅に比べてヒト・モノ・カネを動かす量が多くなり、建築材料も高品質なものが必要になるため、家を建てる際のコストは高くつきます。

高性能住宅は高い性能を備えている住宅のため、使用する断熱材や木材・設備によって初期費用の建築費が一般の住宅よりも高くなることがあります。

しかし、長期的な目で見ると高性能住宅は経済的な面で光熱費をはじめとしたランニングコストを軽減できます。数十年にわたって住み続ける住宅なので、メンテナンスにかかる費用や光熱費・ライフスタイルなどもよく考えて検討しましょう。

高性能住宅に使える補助金は?

高性能住宅を建てる際に利用できる補助金には、ゼロエネ住宅(ZEH)を対象とする「ゼロエネ住宅補助金」や、家庭用燃料電池システムでエネルギーを生み出すエネファーム向けの「エネファーム設置補助金」、長期優良住宅に認定された場合の税の優遇措置などがあります。

自治体独自で補助金制度を設けているところもあるので、高性能住宅を検討する際にチェックしてみるといいでしょう。

特集 まずは行ってみよう!八王子の住宅展示場

この記事の関連ページ

特集 まずは行ってみよう!八王子の住宅展示場