理想の我が家を手に入れる!八王子で注文住宅を建てるガイド

八王子で注文住宅を建てるなら
まずはここをチェック!地域密着型の工務店ガイド

サイトマップ
あなたのこだわりポイントはどこ?注文住宅が建てられる八王子の工務店4選

あなたのこだわりポイントはどこ?
注文住宅が建てられる八王子の工務店3選

ローコスト&高性能住宅石田工務店
天然の木のぬくもりで、快適に長く暮らせる高性能住宅を、1,000万円台のローコストで。
石田工務店画像
災害に強い家を自然素材で建てるコグマホーム
地域に密着した工務店として、家の引渡しが終わった後も手厚いアフターフォローを提供。
コグマホーム
土地探しからスピーディーに対応可能エンラージ
2010年の設立以来、地域のお客様が快適に過ごせる家づくりを行っています。
エンラージ
八王子で注文住宅を建てるガイド » 建設会社の選び方は?注文住宅を建てる前に知っておきたいこと » 注文住宅で結露を防ぐには?

注文住宅で結露を防ぐには?

注文住宅の安全性や耐久性を長持ちさせるための対策はさまざまです。その中のひとつが結露対策。結露は構造材の耐久性の低下やカビやシミなどの原因となります。ここでは、注文住宅の結露対策を見ていきましょう。

窓でよく見られる結露

冬場に窓が濡れているのを見たことがある人は多いでしょう。窓の結露は住宅内の代表的な結露だと言えます。結露とは、空気中の水蒸気が温度や湿度の状況によって水に戻る現象のこと。住居内での結露は、住居の構造材にダメージを与えたり、カビやシミの繁殖に繋がったりするので対策が必要です。

結露の種類

表面結露

結露は、表面結露と内部結露の2種類に分けられます。表面結露とは、名前の通り壁や天井などの表面で発生する結露のことです。

表面結露は、水蒸気を含んだ温かい空気が、その空気よりも冷たい壁面に触れることで水に戻る現象。表面結露の代表的な例として挙げられるのは、冬に暖房で温まっている部屋の窓に水滴が着いていたり、夏場に冷たい飲み物が入ったグラスが汗をかいていたりする場面です。この表面結露は、断熱性の不十分な住宅だと壁の表面でも発生してしまいます。

内部結露

結露のもうひとつのパターンが内部結露です。内部結露は、温められた空気が断熱材の内部に入り込み、その空気が冷えて水蒸気が水に戻ることで発生します。内部結露の怖いところは、普段は見えない壁や床の中で結露が起こる点です。気がついたら結露によってカビやシミが広い範囲に繁殖し、建物の構造材が腐ってしまいます。

そうなると当然、建物の耐久力は大幅に下がってしまうので、その状態で地震や台風といった災害を受けると、建物はひとたまりもありません。

結露が起こる原因

結露の原因となるのは、空気中に含まれている水蒸気が水に戻ることです。空気は温度が高いほど多くの水蒸気を含むことができますが、水蒸気を多く含んだ温かい空気が冷やされると、それまで含んでいた水蒸気の一部が水に戻ります。これが結露のメカニズムです。冬に窓が結露しやすいのは、冷たい空気には多くの水蒸気を含むことができないからですが、同じ室内でももともとの水蒸気の量が少なければ結露は起こりません。

使っていない部屋にも結露が発生する

屋内での結露で注意しなくてはいけないのが、使っていない部屋でも結露が発生するという点です。普段あまり使っていない和室や押し入れがいつの間にかカビ臭くなっていたという経験は多くの人に覚えがあるでしょう。そのカビ臭さの原因こそが結露なのです。

寒い時期に人が集まっているリビングの空気は暖房などで温かくなっています。対して、普段使われていない部屋の空気は冷たいため、温かい空気は次第に冷たい部屋へと移動して行くのです。そして、冷えた部屋に移動した空気に含まれる水蒸気が水に戻ることで結露が起こるのです。

結露を放置するとどうなる?

カビがはえてくる

結露を放置することによる代表的な弊害が、カビの繁殖です。窓に結露した水分は、放置していると下に流れて溜まっていきます。そうなると、その水分でやがてガラスやサッシにカビが繁殖してしまうのです。カビが繁殖した室内には、カビの胞子が撒き散らされることになります。カビの胞子を吸い込んだ人は、ぜんそくやせきなどの健康被害にさらされる可能性があるのです。

窓ガラス周辺の劣化につながる

窓ガラスが結露によって濡れたままになっていると、窓はもちろんその周辺の建材にもダメージが広がっていきます。ガラスに結露した水分は次第に溜まっていき、窓の周りのサッシや巾木、周辺の壁にも染み込んでいきます。カビの繁殖はもちろんのこと、カビの繁殖によるダニの増加や木材の劣化などを招くのです。

しておきたい結露対策

換気をする

結露対策としては、まず何をおいても換気をこまめにすることが重要です。冬場は寒いので換気の頻度が下がってしまいがちですが、部屋の中の空気が暖房で温まっている冬場こそ、結露対策としての換気が欠かせません。換気扇を回すだけでも何もしない状態に比べたら効果はありますが、やはり窓を大きく開けての換気を行ったほうがより大きな効果が得られます。

リビング以外にも、料理をするキッチンや熱い湯気が発生するお風呂などは家の中でも特に湿気の多い場所なので、こまめな換気が重要です。

除湿機を使う

室内の湿度が上がりすぎないようにするためには、除湿機やサーキュレーターなどを導入するのも有効です。結露は室内の湿度が高くなるほど起こりやすくなるので、湿度が上がりにくい環境を整えることが有効な結露対策となります。また、サーキュレーターで空気を移動させると窓付近に水蒸気を含んだ空気がたまることを防げるので、結露しにくくなるのです。

加湿器はつけっぱなしにしない

快適な生活や健康状態を保つためには、適度な湿気も必要です。しかし、加湿器をつけっぱなしにしていると、いつの間にか結露が起こっていることもあるので気をつけましょう。また、快適な湿度は50%前後で、それを上回るとかえって不快指数が上がってしまいます。加湿器を使って適切な湿度を保つためには、タイマーをかけておくなどしてこまめに止めるようにしましょう。

掃除をこまめにしておく

窓の掃除が行き届いていない状態が続くと、結露を招きます。これは、窓の表面の手入れが充分でないと、水滴が付着しやすくなるためです。窓の結露を防ぐためには、食器用洗剤を薄めて吹くのが効果的。ただし、持続時間は短いのでこまめに掃除する必要があります。

屋外との温度差を調整する

結露の原因のひとつとして、屋外と屋内の温度差が大きいことが挙げられます。特に冬は、寒い屋外と暖房で温まった屋内との温度差が大きくなることで結露が起こりがち。そのため、冬でも部屋の温度が上がりすぎないようにエアコンやストーブの温度を調節しておくことが大切です。

もし結露ができたら

ふき取る

窓の結露が起こったら、すぐに拭き取ることが大切です。結露を放置していると水分が窓の周辺や壁に溜まって<シミやカビの原因になるので、こまめに拭き取りましょう。また、拭き取る際には下から上に向かって拭くことが大切。逆にするとした方向に水滴が落ちてしまうので気をつけましょう。

アルコールスプレーを使う

結露によるカビの発生を防ぐためには、アルコール除菌スプレーも有効です。アルコールはカビを除去する効果があるので、気づいたときにアルコールスプレーを日に数回かけておくだけでカビの発生を予防できます。

また、窓にカーテンが設置してある場合にはカーテンもアルコール消毒しておくといいでしょう。カーテンがある場合は窓の水滴がカーテンに着いて、カーテンにもカビがはえることがあるので、カーテンの状態もチェックしておくのが有効です。

カビが生えたらできること

カビ取り剤を使う

カビが生えてしまったときのもっとも手軽な対処法は、カビ取り剤の使用です。特に、窓のパッキン部分にカビが生えた場合はカビ取り剤での対処が有効となります。カビ取り剤にはさまざまな種類がありますが、スプレータイプはたれてくるので、ジェルタイプがおすすめです。

アルコール除菌をする

アルコール除菌は、カビの予防だけでなくカビが発生してしまったときの対処法としても有効です。アルコールはカビ取り剤ほど強力ではないので、ひどいカビによって黒くなってしまっているような状態には向きませんが、カビ菌の除去は十分できます。また、木製部分や塗装部分など、カビ取り剤だと傷んでしまうような部分のカビを除去するのにも、アルコールが適しています。

カビの生えたカーテンは洗う

カビは、しばしば窓だけでなくカーテンにも生えてしまうことがあります。カーテンにカビが生えてしまったときは、取り外して洗いましょう。カーテンに生えたカビは繊維の奥まで根を張っているので、表面だけを綺麗にしても根本的な解決になりません。

畳のカビにはブラシを使ってみる

窓の下が畳の場合は、滴った水滴が畳に染み込んでカビが生えてしまうことがあります。畳に生えたカビには、ブラシを使った掃除が有効です。消毒用アルコールをスプレーして15分ほど放置し、ブラシでカビをかき出します。

まとめ

住宅内の結露は、目立たない場所で起こることもあり、気がついたときにはカビやシミが広がっていて建物の耐久度が大幅に下がっているということもありえます。そのため、窓についた水滴をこまめに拭き取る、部屋の湿度を適切に保つ、冬場に室温を挙げすぎないといったような結露対策が必要です。

また、住まいを建てたあとの対策はもちろんのこと、マイホームの建設計画を立てる段階から結露しにくい住まいを建ててくれる業者を探すようにすると、根本的な結露対策ができるのでおすすめです。

特集 まずは行ってみよう!八王子の住宅展示場
あなたのこだわりポイントはどこ?注文住宅が建てられる八王子の工務店4選

あなたのこだわりポイントはどこ?
注文住宅が建てられる八王子の工務店3選

ローコスト&高性能住宅石田工務店
天然の木のぬくもりで、快適に長く暮らせる高性能住宅を、1,000万円台のローコストで。
石田工務店画像
災害に強い家を自然素材で建てるコグマホーム
地域に密着した工務店として、家の引渡しが終わった後も手厚いアフターフォローを提供。
コグマホーム
土地探しからスピーディーに対応可能エンラージ
2010年の設立以来、地域のお客様が快適に過ごせる家づくりを行っています。
エンラージ
特集 まずは行ってみよう!八王子の住宅展示場
ページトップへ