理想の我が家を手に入れる!八王子で注文住宅を建てるガイド

八王子で注文住宅を建てるならまずはここをチェック!地域密着型の工務店ガイド

サイトマップ
あなたのこだわりポイントはどこ?注文住宅が建てられる八王子の工務店4選
ローコスト&高性能住宅石田工務店
天然の木のぬくもりで、快適に長く暮らせる高性能住宅を、1,000万円台のローコストで。
石田工務店画像
災害に強い家を自然素材で建てるコグマホーム
地域に密着した工務店として、家の引渡しが終わった後も手厚いアフターフォローを提供。
コグマホーム
土地探しからスピーディーに対応可能エンラージ
2010年の設立以来、地域のお客様が快適に過ごせる家づくりを行っています。
エンラージ
八王子で注文住宅を建てるガイド » 建設会社の選び方は?注文住宅を建てる前に知っておきたいこと » ロフト設置で知っておくべき規制とメリット・デメリット

ロフト設置で知っておくべき規制とメリット・デメリット

ロフトは、屋根と天井の間のにあるスペースのことです。この記事では、より広い空間を確保できるロフト設置で知っておくべき基準やメリット・デメリットについて説明します。

ロフトを設置する際の規制について

ロフトは法律上「物置」と定義されている空間です。「階」ではないので、床面積に含まれず固定資産税も発生しません。

そのため、ロフト設置には以下の3点が規制されています。

  • 天井の高さはもっとも高い部分で1.4m以下にしなければならない
  • 直下の階の8分の1以下の面積
  • はしごが固定されていない

自治体によっては固定階段の設置が可能な場合も。固定階段なら重い荷物のあげおろしもできるので、可能かどうか各自治体の安全建築指導課に確認してみると良いでしょう。

ロフトを設置するメリット

それでは、注文住宅でロフトを設置する具体的なメリットをあげていきます。

収納スペースとして使うことができる

一番のメリットは、ロフトを収納スペースとして使えること。ロフトを収納に使うことで、収納として予定していたスペースを他の間取りに使うことができます。

クリスマスツリーや節句の人形・バーベキュー・キャンプアイテム・来客用の布団など「出番は少ないけど大きいもの」の収納にも大活躍まちがいありません。

急な来客の際は「散らかっているものを一時的に収納するスペース」としても使うことができるので、ロフト収納があると便利です。

せまいことをいかした空間を作れる

ロフト特有のせまさを生かした空間が作れることも、メリットの一つです。

せまい空間は子どものころあこがれていた秘密基地のようでワクワクする、という人もいるのではないでしょうか。そんなあなたには、秘密の趣味部屋としてロフトを使うのがおすすめです。

また、余計なものがない空間の方が集中できるという人は、書斎としても使うのもおすすめ。ロフトは、アイデア次第でさまざまな使い方できる空間です。

部屋を広くみせることができる

ロフトには、設置した下の部屋を広く見せるという効果もあります。ロフトの設置にはスペース確保のため高い天井が必要なので、自然とたてに奥行きができます。

たてに奥行きができると、目線が上に向きやすく「開放感があり広い部屋」と感じやすくなるうれしい効果が。リビングにロフトを設置する場合にも、同じ効果を得ることができます。

ロフトを設置するデメリット

ロフトを設置するデメリットは以下の3点です。

はしごの上り下りが危険

自治体で固定階段の設置を認められていない地域は、はしごを使ってロフトを行き来します。はしごは固定されていないため、階段に比べると危険度は増します。

荷物の上げ下ろしも一人ではやはり危険ですし、転倒には十分注意しましょう。

ホコリが溜まりやすく、掃除がしにくい

ロフトはホコリがたまりやすいのに掃除がしづらい、というデメリットもあります。

天井がせまいのでほうきがかけづらいですし、掃除機を持ってはしごを上るのも一苦労ですよね。若いうちは良くても歳を重ねたら掃除が大変になったという声も多いようです。

屋根に近く熱がこもりやすい

ロフトは屋根に近いので熱がこもりやすいという特徴があります。そのため換気窓といった熱を逃すための設備も合わせて必要です。

夏場はかなり温度が上がり、天井が高くなった分空調も効きづらいので注意してください。

特集 まずは行ってみよう!八王子の住宅展示場

この記事の関連ページ

特集 まずは行ってみよう!八王子の住宅展示場