理想の我が家を手に入れる!八王子で注文住宅を建てるガイド

八王子で注文住宅を建てるならまずはここをチェック!地域密着型の工務店ガイド

サイトマップ
あなたのこだわりポイントはどこ?注文住宅が建てられる八王子の工務店4選
ローコスト&高性能住宅石田工務店
天然の木のぬくもりで、快適に長く暮らせる高性能住宅を、1,000万円台のローコストで。
石田工務店画像
災害に強い家を自然素材で建てるコグマホーム
地域に密着した工務店として、家の引渡しが終わった後も手厚いアフターフォローを提供。
コグマホーム
土地探しからスピーディーに対応可能エンラージ
2010年の設立以来、地域のお客様が快適に過ごせる家づくりを行っています。
エンラージ
HOME » 建設会社の選び方は?注文住宅を建てる前に知っておきたいこと » 狭い土地を有効活用する狭小住宅とは

狭い土地を有効活用する狭小住宅とは

住宅を建てるのに、必ずしも広大な土地を用意できるとは限りません。ときには狭く小さな土地をどうにかして利用しなくてはいけない場合もあります。ここでは、そうした狭い土地を有効活用するための狭小住宅について紹介しています。

狭小住宅とは

狭小住宅とは、名前の通り狭く小さな土地に建てられる住まいのことです。詳細な定義としては、「約15坪(50平米)以下の土地に建てられた住まい」となります。

都市部は土地代が高いため、広大な土地の購入は難しくなります。しかし、住まいを建てる土地をなるべく小さくすることで土地代を抑えることができるのです。また、都市部は住宅が密集しているという理由でも広い土地を確保することが難しいエリアです。そうした場合でも、狭小住宅を建てられれば、限られた土地にも魅力的な住まいを建てられます。

狭小住宅のメリットとは?

利便性

限られた土地に安価で家を建てられれば、交通の便がよく利便性の高い土地に住めます。土地が限られていると駐車場などの設置が難しいですが、公共の交通機関が利用しやすい土地に家を建てれば、車を所持する必要がなくなります。そうなれば土地代だけでなく、車にかかるガソリン代や自動車税なども節約できることになります。

内装

狭小住宅を建てることで土地代を安く押さえられれば、その分の予算を内装に回せます。そのため、結果的に狭小住宅は内装にこだわりたい人におすすめの住居形態だと言えるのです。インテリアやキッチンにこだわりたいという人には、狭小住宅は理想を叶えるための選択肢となりえるのです。

ローコスト

狭小住宅の直接的なメリットは、土地代の分だけローコストで住宅を建てられることです。しかし、狭小住宅は土地代だけでなく、建築費用や建物にかかる各種税金、建物の登記費用も安く抑えられるというメリットがあります。

狭小住宅のデメリットは?

耐震性のある家づくり

狭小住宅は、狭い土地に十分な居住スペースを確保するために3階建て以上になることが多くなります。そのため、狭小住宅には通常の住宅よりも高い耐震性が必要です。そうなると、必然的に通常の住宅よりも建築コストが高くなります。

階段が増える

前述の通り、狭小住宅は3階建て以上になりやすい傾向があります。そうなると必然的に階段が増えるため、上り下りの負担や転倒の危険性が増えることになるのです。特に、高齢者や赤ちゃんがいる家庭では注意が必要でしょう。

防音にも注意

狭小住宅のデメリットとして見落としがちなのが建物の防音です。狭小住宅は狭い土地に家を建てるので、どうしても隣家との距離が近くなります。そのため、通常の住宅に比べて騒音対策を念入りに行う必要があるのです。外壁の素材を防音性の高いものにするのはもちろんのこと、エアコン室外機などの屋外設備にも気をつけなくてはいけません。

特集 まずは行ってみよう!八王子の住宅展示場

この記事の関連ページ

特集 まずは行ってみよう!八王子の住宅展示場