理想の我が家を手に入れる!八王子で注文住宅を建てるガイド

八王子で注文住宅を建てるならまずはここをチェック!地域密着型の工務店ガイド

サイトマップ
あなたのこだわりポイントはどこ?注文住宅が建てられる八王子の工務店4選
ローコスト&高性能住宅
石田工務店
天然の木のぬくもりで、快適に長く暮らせる高性能住宅を、1,000万円台のローコストで。
石田工務店画像
かわいいデザインのお家
イイザワ建築企画
まるでおとぎ話に出てくるような、かわいさを追求したデザインにこだわりあり。
イイザワ建築企画
無垢でつくる自然派住宅
新井建設
湿度調整や空気清浄の役割を果たす、塗装をしていない無垢のフローリング。
新井建設
エコ住宅にこだわる
福安工務店
太陽熱をそのまま利用し、床暖房や温水が手に入る、最新のエコ住宅を提供。
福安工務店
HOME » 建設会社の選び方は?注文住宅を建てる前に知っておきたいこと » 資金計画はしっかりしている?注文住宅を建てるならゆとりある計画が大切!

資金計画はしっかりしている?注文住宅を建てるならゆとりある計画が大切!

注文住宅を建てるなら資金計画が大切!

注文住宅を建てる際に、必ず必要なのがまず資金です。現状の生活に負担にならないように資金を集めるには「上手な資金計画」が大切です。住宅ローンとなると20、30年と長く付き合うことになります。「いくらまで借りられるか」のほかに「いくらなら無理なく返済できるか」というように、長期の自分の生活と照らし合わせて、計画を立てる必要があります。ここでは、注文住宅を建てるときに、どのくらい資金が必要なのか詳しく紹介します。

注文住宅を建てる際の費用スケジュール

注文住宅を建てる際には、費用を支払う時期を把握しておくと、無理のない資金計画が立てられます。注文住宅を建てるときの費用は、大きく分けると「土地代」「注文住宅の建設費」になり、この2つの費用を事前に把握しておくことが重要です。この2つの費用の他に、さらに細かい支払いも発生するので、事前に知っておくと計画が立てやすくスムーズに進みます。ここでは、支払いが必要になる時期と、おおよその金額を記載しているので参考にしてください。

支払時期別の費用の目安

    ◆土地の購入時に支払う費用

  • 【売買契約】 手付金・・・土地価格の10%程度
  • 【引き渡し前】購入物件の残代金・・・物件価格-手付金等
  • 【土地の購入諸費用】土地代金の6%~10%

    ◆家の建設時に支払う費用

  • 【見積もり作成時】地盤調査費用・・・必要な場合
  • 【工事請負契約時】工事契約金・・・工事費用の約10%
  • 【着工時】      着工金・・・工事費用の約30%
  • 【上棟時】      中間金・・・工事費用の約30%
  • 【引き渡し前】    建設費の残代金・・・工事費用の約30%

    ◆引き渡し後に支払うお金

  • 【引越し時】引っ越し代や家具購入費用
  • 【引っ越し後】不動産取得税

    ◆家を購入後に支払い続ける費用

  • 住宅ローン、メンテナンス費用、家の所有者にかかる費用

注文住宅を建てる時の住宅資金の決め方

家を建てた後にゆとりのある生活を送るには、ある程度の貯蓄があることが望ましいです。そのため、家を建てる前に「新築予算」を決めて、その予算を差し引き、手元に「貯蓄」が残るように計画を立てましょう。家を建てた後は、新たに家具を購入したり、家族の急な病気やケガに大きな出費が出たりする可能性もあります。お金のゆとりは心のゆとりと言うぐらい、貯蓄は大事です。将来を安心して過ごせるように、注文住宅資金の計算をして、予算を決めるようにしましょう。

注文住宅の頭金はいくら位?

注文住宅をローンで支払う予定の場合、頭金のことも考慮しなければなりません。頭金は出せば出すほど後々のローンの支払いが楽になります。そのぶん毎月の返済額が減りますし、返済年月が短くなれば、利息も少なくなります。注文住宅を建てる際に必要な頭金は、住宅購入資金の2割で、住宅ローン借入可能額は、土地代+注文住宅の建設費の80%がおおよその目安です。そのため、残りの20%は自己資金として準備しておく必要があります。事前に貯蓄や必要な人に相談などを行い、積極的に頭金作りをするのがおすすめです。

住宅資金が不足した場合の対処法

注文住宅の計画を立てている中で、資金が不足した場合いくつかの対処法があります。

  1. 親からの援助
  2. 親からの借入
  3. 会社からの融資
  4. 提携ローン
  5. 社内融資

このように、5つの対処法があります。親や祖父母からの援助資金の場合、1年間に110万円を超えると贈与税が課税されます。しかし国の制度を利用すると、非課税で贈与を受けることができるので、自分が利用できそうな制度を調べてみるのも1つの方法です。また5番目の社内融資は、勤務先によって利用できるのかどうか異なるので、担当者に確認をしてみましょう。提携ローンよりも社内融資の方が金利的にお得かもしれません。しかし、退職する場合は退職時に一括返済であることが多いです。そのため、転職や退職する可能性があるなら注意が必要です。

注文住宅の資金計画まとめ

念願のマイホームも資金計画をしっかり行なっていなければ、建てることができません。もし購入できたとしても住宅ローンの支払いが滞れば、家を手放すことになります。注文住宅を建てる際には、資金計画が大変重要で、かかってくる費用の内訳をしっかりと把握することも大切です。そのため、「土地代」「注文住宅の建設費用」をきちんと見出しておくようにしましょう。さらに、費用を払うタイミングを見極め、スケジュールを立てておきましょう。すべての費用をローンで賄うことはできないので、頭金の金額も確認しておくようにしましょう。

特集 まずは行ってみよう!八王子の住宅展示場