理想の我が家を手に入れる!八王子で注文住宅を建てるガイド

八王子で注文住宅を建てるならまずはここをチェック!地域密着型の工務店ガイド

住宅ローンで減額できる税金、うけられる補助金とは? サイトマップ
あなたのこだわりポイントはどこ?注文住宅が建てられる八王子の工務店4選
ローコスト&高性能住宅
石田工務店
天然の木のぬくもりで、快適に長く暮らせる高性能住宅を、1,000万円台のローコストで。
石田工務店画像
かわいいデザインのお家
イイザワ建築企画
まるでおとぎ話に出てくるような、かわいさを追求したデザインにこだわりあり。
イイザワ建築企画
無垢でつくる自然派住宅
新井建設
湿度調整や空気清浄の役割を果たす、塗装をしていない無垢のフローリング。
新井建設
エコ住宅にこだわる
福安工務店
太陽熱をそのまま利用し、床暖房や温水が手に入る、最新のエコ住宅を提供。
福安工務店
HOME » 建設会社の選び方は?注文住宅を建てる前に知っておきたいこと » 住宅ローンの組み方

住宅ローンの組み方

ここでは注文住宅を建てる際に必要になる、住宅ローンの組み方を解説していきます。

注文住宅を建てる際の住宅ローン契約は工務店に相談

住宅ローン契約の流れは、わかりにくいところもありますが、地域密着型の工務店であれば、住宅ローンを組む際にアドバイスをしてくれたり、相談に乗ってくれるところも多いので、ぜひ、問い合わせてみてください。

1:事前審査

金融機関などに相談をして、事前審査の申し込みをします。一般的に、売買契約がなされ、その物件の所有者になってからでないと申し込みはできないのですが、万一、ローンの審査が通らないとなると困るので、事前審査を受けておいた方が安心です。

2:申し込み

事前審査が通ったら、住宅ローンの申し込みをします。申し込み時には以下のものが必要です。

  • 家族全員分が記載された住民票
  • 印鑑証明書(3カ月以内に発行されたもの)
  • 実印
  • 身分証明書(運転免許証、健康保険証など)
  • 収入証明資料(源泉徴収票、確定申告書、住民課税決定通知書など)
  • 購入物件の資料(売買契約書、重要事項説明書、販売図面、土地登記事項証明書など)
  • 預金口座通帳

3:本審査

購入物件が、建築基準法に適合しているか、経過年数はどれくらいか、物件価格は妥当かなどの物的審査と、年齢、年収、勤続年数、勤務先、他ローンの借り入れ状況などの人的審査が行われます。

4:ローン契約締結

本審査に通れば、住宅ローン契約が締結されます。正式名称は「金銭消費貸借契約兼抵当権設定契約」を結び、融資が実行されます。

住宅ローンの種類とタイプ

住宅ローンには、いくつかの種類やタイプがあります。

公的ローン

■財形住宅融
勤務先で財形貯蓄をしている人が借りられる。1年以上財形貯蓄を行っていること、残高が50万円以上あることなどの条件があるが、財形貯蓄の10倍(最高で4,000万円)まで借り入れできる。

民間ローン

■銀行ローン
都市銀行、ネット銀行、信託銀行、地方銀行など、各銀行によってさまざまな商品が用意されている。

■フラット35
民間金融機関と住宅金融支援機構の連携による長期固定金利住宅ローン。保証料0円、繰り上げ返済手数料0円。省エネルギー性に優れた住宅の場合、一定期間金利を引き下げる制度もある。

住宅ローンの融資のタイプ

■全期間固定金利型
借入期間中、金利がずっと一定の住宅ローン。期間中に金利が変動しても返済額が変わらないので、ライフプランが立てやすい。金利が高い時に借りると返済額が高くなってしまうが、金利が低い時に借りると、金利が安くすむ。

■変動金利型
金利が半年ごとに見直され、それに伴い返済額が変わっていく住宅ローン。金利が上昇すると返済額も上がり、金利が低下すると返済額も下がる。金利の変動によって返済額も変わっていくため、ライフプランが立てにくく、将来的に不安が残る場合も。

■固定金利期間選択型
3年や5年など、金利が一定期間固定されている住宅ローン。その期間が終了すると、その時点の金利によって、変動金利型、固定金利型を選ぶことができる。

住宅ローンで必要となる手数料

住宅ローンを利用するためには申請だけでなく、借入するための費用が必要です。その時に必要となるの費用について説明します。

手数料(事務手数料・融資手数料)

金融機関で住宅ローンを利用する際は、手数料が発生します。この手数料には2種類あり、「手数料が一律となっている定額タイプ」と「借入額によって異なる定率タイプ」があります。

定率タイプは手数料こそ高いですが、金利が低いので借入額が多い人におすすめです。

保証料

保証料は、住宅ローンの返済が滞った際に肩代わりしてもらう保証会社へ支払う費用です。

保証料は返済期間と金利によって変動するため、借入条件よって価格が違います。

団体信用生命保険料

返済期間中に借主が亡くなったり高度障害になったりした場合、団体信用生命保険に加入していれば残りの返済は免除されます。

この保険は民間ローンでは加入が義務付けられており、返済金利に保険料が含まれています。そのため、別途支払いが発生することはありません。

住宅ローンを利用するためには、この3つの費用が必要になります。建築費だけでなく、借入にかかる費用も念頭においた上で、ローンシミュレーションを行ってください。

工事期間中はつなぎ融資も必要になる

注文住宅をゼロから建てる場合、設計・工事費はその都度発生するため、完成前に何回かに分けて支払いをしなければなりません。

しかし、住宅ローンは完成後にしか借入ができないので、自分で費用を用意する必要がます。そこで必要になるのが「つなぎ融資」です。

つなぎ融資は対応している金融機関が限られるので、利用する際は期間に余裕を持って調べておくようにしてください。

特集 まずは行ってみよう!八王子の住宅展示場
特集 まずは行ってみよう!八王子の住宅展示場